photo1-2

契約トラブルは依然として継続

女優の能年玲奈(23)さんの独立問題を巡って、元所属事務所「レプロエンタテイメント」とのトラブルは未だに解決されていないようです。

 

能年さんサイドは今年の6月末で契約期間が終了したと主張していましたが、レプロは「現在までその解決に至っておりません」と反論しています。能年さんが女性演出家と無断で個人事務所を設立したことを問題視。さらに今年の6月まで約一年半に渡り話し合いに応じず、仕事も拒否したと契約不履行を主張。法的処置を含めて検討するとのこと。

 

先日、本名にも関わらず能年玲奈から芸名を「のん」に変更することが発表されましたが、ここまでしなくてはいけないものなのでしょうか?ファンとしては彼女の元気な姿をまたテレビで見たいものです。